りんごジュースについて調べてみた

りんごジュースについて調べてみた

1:濃縮還元アップル 100%果汁

まずは、この写真をご覧ください。↓↓↓

濃縮還元アップル果汁 100%と下のほうに書いてあります。
りんごの絵の上には、葉っぱの中に100%と書いてあります。

濃縮還元アップル 果汁100%
濃縮還元アップル 果汁100%

90度、回すと 品名:りんごジュース(濃縮還元)

原材料名 :りんご/香料  となってます。

香料が1滴でも入ったら100%じゃないと思うので、
雪印メグミルクに電話してみたら、
5%以下なら100%と表示してもいいと、
業界の取り決めで決まっている、そうです。

香料の%の表示義務はないので、ホントのりんごジュースが
何%なのかは、わかりません。

(濃縮還元)りんごジュース
(濃縮還元)りんごジュース

そして、濃縮還元とういうのは、こういうことです。

分かりやすくするため、ちょっと極端なたとえです。

カップヌードルに入っている乾燥エビに
お湯をかけると戻ります。
戻ったエビを100%(元のエビと一緒)
と言っているようなもんです。

りんごの場合だと、
収獲地(アメリカとかニュージーランドとか)で収穫後に、
水分を飛ばして、輸送しやすいように体積や重量を小さくして、
日本まで運びます。
日本に来たら、水を加えて戻します。
りんご果汁の場合、濃縮結果は乾燥ではなく、冷凍のようです。

現地で飛んだ水は、ただの純水(H2O)だけだとは思えません。
一緒に現地の微量成分、ミネラルなども飛んでる気がします。
気がするだけでデータは知りません。

現地のミネラルを含んだ水を飛ばして、
現地とは異なる日本のミネラルを含んだ水を
あとからいくら加えてもそれは、
また別のものでしょう。
それで果汁100%???

濃縮還元がダメというわけではありません。
輸送費が安くなり、保管のスペース節約や、
一時に採れる果物の性質上、作業の分散化などの効率化で
りんごジュースらしきものが、
低価格で手に入ることのメリット
を否定はしません。

ただ、果汁100%という表示でいいの?
という気がします。

価格、入手しやすさ、保存性、味など、
いろいろあって選択肢が多いのはよいことだと
思います。
ただ、ホントに100%じゃないのに
100%と表示するのはどうなの?
という疑問が残るな、ということです。

今回の場合、香料も入ってますし。

業界の取り決めでは、(少量の糖類や添加物の配合は可)ということです。

さらに、驚いたことに、文字だけの面の四角の中は、食品表示法、
絵の描いてある面は、景品表示法の対象となり、
ひとつのパッケージなのに、別々の法律で対処しており、
消費者庁の職員も片側だけならコメントできるが、
他の面はコメントする立場にない、といい、
いわゆる縦割り行政の見本です。

2:りんごジュース(ストレート)に添加物の例

りんごジュース(ストレート)に添加物の例
りんごジュース(ストレート)に添加物の例

こんどは、100%の表示はないものの、名称はりんごジュース(ストレート)で、原材料はりんごと酸化防止剤、という例です。

これも酸化防止剤が少しでも入れば100%とはいえませんが、
100%と書いてはありません。

ストレートは100%の証だと思ってたら、少々違います。

ストレートと書いてありながら、
酸化防止剤(ビタミンC)を添加している例もあり、
道の駅で調べたらありました。
これも、
(少量の糖類や添加物の配合は可)が
適用されるようです。

つまり、本当にホントのりんごジュース100%のものは、
そうそうない、ようです。
道の駅で調べたら10分の3です。

道の駅で調べたら以下の結果でした。 
10種類ありましたので、数字は種類数です。


りんごジュース(ストレート)  3
りんごジュース(ストレート)、酸化防止剤  2
りんごジュース  2
りんごジュース 酸化防止剤   3

酸化防止剤や香料が危険、ダメと言ってるわけではありません。
100%ジュースのほうが安全といいたいわけでもありません。
どのタイプの飲料も安全だと思います。
  
 
基準にしたがって添加するのは法律で認めているわけで、
しかもほんの微量でしょうから、
ダメというわけでもありません。
 
ただ、100%とか、ストレートとかいいながら、
1滴でも混ぜ物が添加してあれば100%じゃないよね、
というあくまでも「表示」のお話です。

酸化防止剤(ビタミンC) について

酸化防止剤(ビタミンC)と書いてあるので、さらに
調べてみた。

ビタミンCは、人間の体の中ではできなため、外部から摂る必要がある
必須栄養素のひとつです。
化学名はLアスコルビン酸といいます。

 
壊血病予防や、がん予防などに期待され、
概していいイメージしか私にはありません。

そんなビタミンCが、
酸化防止剤という役割ででも添加されているなら、
むしろ喜ぶべきことかもしれませんね。
 
 
ビタミンCは
1日あたり100㎎の摂取が推奨されており、
1000㎎以上の摂取はあまりよろしくないようです。
果物や野菜をそこそこ食べる人なら不足はないようです。
サプリメントで摂りすぎも注意です。
シジミ何百個分のような、サプリメント注意が必要です。

3:これぞ、りんごジュース(ストレート)、です

これこそ、りんごジュース(ストレート)で、
原材料名もりんご、だけです。

もちろん、りんごはすべて山ノ内町産です。

まさに、混じりっけなし、100%と言っていいでしょう。

りんごジュース(ストレート)サンつがる
りんごジュース(ストレート)サンつがる

りんごの品種により、色も異なり、当然、味も違います。 ↓↓↓

3種類の色
3種類の色

種類は、次の3種類で、飲んでみての私の感想も書いてみます。

1,サンつがる
2,サンジョナゴールド、世界一、シナノスイート
3,サンふじ

1,サンつがる
さすが、9月に採れるその年一番に採れるりんごのジュースです。
やや青っぽい、よく言えば採れたてりんごの香りが鼻に抜けます。
こういうりんごジュースは初めてです。

2,3品種の混合です
市販のりんごジュースに一番近い感じです。
甘味と酸味の絶妙なバランスでいくらでも飲めちゃう。

3,サンふじ
生でたべるふじは、やはり一番遅くまで樹になっていたせいか、
濃厚な味わいがします。
ところが、このジュースの場合、意外にあっさり、サッパリ、しています。
これからの暑い時期にはいいかもしれませんね。

というわけで、
今回のお話は、りんごジュース(ストレート)についてでした。

りんごジュース(ストレート) が飲んでみたいという方は、
以下のお値段でお分けしますので、
下記メールアドレスにお問い合わせください。

3本セット 全国一律送料込み 3,500円

1リットル入りで800円、3本で2400円、箱代100円、送料1000円で、
すべて込みで3,500円です。

3本セット
3本セット
3本セット荷姿
3本セット荷姿

6本セット 全国一律送料込み 5,800円

6本入りは、送料込み5,800円です。(箱代おまけします)
800円×6=4,800円、送料1,000円

6本入りの箱
6本入りの箱

ご注文方法、下記メールアドレスに以下の事項を明記の上、お送りください。

3本セットか、6本セットか、箱数。
品種名は選べますので、1,2,3の番号でお知らせください。
例:1,2,3のセットひと箱。
  1,1,1のセットひと箱。とか


送り先の〒、住所、氏名、電話番号

お支払方法:銀行振込

ご注文後、振込先をご連絡します。

注文先メール

miyu3saku@gmail.com